akisu_mado
空き巣というとピッキングによる玄関からの侵入を連想しがちですが、実は一番多いのは窓ガラスを破っての侵入です。日本の住宅で一般的に使われている窓ガラスは厚さ3ミリほどの板ガラスで、防犯性能って実は一切ないに等しいのです。針金が入っているタイプもありますが、これは火災時のことを想定して作られています。針金はペンチなどで簡単に切断できてしまうので、これも防犯性能はありません。

では、どんなガラスなら空き巣が侵入してこないのでしょうか。それはズバリ合わせガラス、もしくは合わせペアガラスなどの防犯性能を高めたガラスです。強い衝撃を与えても、ヒビは入りますが破片が飛び散ったり穴が開くということがありません。もちろん「絶対に割れない」とは言えないのですが、完全に割って中へ侵入するには時間がかかるのです。空き巣は侵入に時間がかかることで、侵入を諦めます。絶対に跳ね返すのではなくて、時間をかけさせることが空き巣撃退に繋がるということですね。

一言で窓ガラスと言っても、色々な種類が出ているものです。透明度の高いガラス、断熱性に優れたガラス、火災に強いガラス、防犯性能が高いガラスなどなど、本当に様々です。それらのガラスの中で、自分なりの感覚や想像で決めるのではなく、本当に防犯性能の高いガラスを選択することで、空き巣による侵入と窃盗を防ぐことができるのです。

空き巣は、いつどんな時にやってくるかわかりません。できるだけ早めに対策して、大切な物が盗まれてしまわないようにしたいですね。